深谷忠記『執行』(徳間書店)★★★★

1992年2月、N県掘田市で登校途中の女子小学生2人が行方不明になり絞殺死体で発見された。2年後、赤江修一が逮捕され死刑判決が下される。無実を主張する彼は控訴・上告するが棄却され、判決確定から2年後に刑が執行された。
2014年3月、最高裁の上告中だった島渕透が自殺した。3か月後、第一発見者の刑務官・森下裕次が実家の裏山で自殺し、従兄で同僚の滝沢正樹は衝撃を受ける。
2015年6月、堀田事件弁護団宛に「山川夏夫」と名乗る人物から手紙が届いた。この人物からの手紙は2通目で、今回は犯人のものだという毛髪が入っていた。調査を開始した弁護士の須永英典は東西新聞の荒木記者の協力を得て差出人と思われる人物を突き止めたが……。
2019年3月、東京高検検事長・鷲尾淳夫が文京区千駄木にある春木神社の境内で殺された。警察は必死の捜査態勢を敷くが難航、やがて刑事たちは司法制度を揺るがすスキャンダルに辿り着く――。
深谷忠記による社会派本格ミステリ最新作。
「冤罪」「死刑制度」「操り(ネタバレになるので背景と同色にしています)」と深谷作品ではお馴染みの要素が使われている本作、「操り」に軸足を置きつつホワイダニットに拘っており、地味ながらも堅実なストーリー展開でぐいぐい読ませる。司法制度を揺るがすスキャンダルは究極の完全犯罪といえるもので、制度上(ああいうルートがあるとは知らなかった)実行可能なのが恐ろしい。
もう少し枚数がほしいところだが(それでも500ページ強ある)、力作であるのは間違いない。お薦め。

届いた本

88.M・P・デア/伊東晶子=訳『M・P・デア 怪奇短篇集』(翻訳ペンギン)
 →6編収録。
89.『非実在探偵小説研究会~Airmys~』19號(エアミステリ研究会)
 →企画1「お題競作 切断」、企画2「二〇一九年度エアミス研ミステリランキング」、企画3「ショート・ショート」、「和翠の図書館」第1回、ないとー「つかまえてシリーズ全作レビュー中編」。
90.『非実在探偵小説研究会~Airmys~』弐拾弐號(エアミステリ研究会)
 →企画1「横溝正史没後40周年 記念競作」、「和翠の図書館」第3回、「恐ろしき映画馬鹿~マイナーホラー映画の大海の中でミステリを探す~」。

届いた本

86.『Re-ClaM』Vol.7
 →特集「書物狂森英俊の生活と意見」。作家小特集「パルプ雑誌の不可能犯罪王ジョセフ・カミングズの世界」、若島正「『ギャルトン事件』を読む(第3回)」などを掲載。
87.『Re-ClaM eX』vol.3
 →F・W・クロフツの短編4編とエッセイ1編を収録。

『Web Fairy Paradise』発表作(101)

第134回WFP作品展 134-1(『WFP』158号)

【協力詰(ばか詰)】双方協力して最短手数で受方玉を詰める。
【Imitator(■またはI)】着手をした時、その着手と同じベクトルだけ動く駒。Imitator が駒を飛び越えたり、駒のある地点に着手したり、盤の外に出たりするような着手は禁止。これは王手の判定にも適用される。
【中立駒(n駒)】どちらの手番でも動かせる駒。横向きの字か横にnを付加して表記する。
[補足]
1)中立駒の動きは現手番の駒としての動きとなる(利きが非対称な駒の場合に要注意)
2)中立駒は現手番の駒として成れる場合のみ、成ることができる
3)中立駒はどちらの手番でも取ることができ、持駒になる。この時、所属は取った側の持駒だが中立性は失わず、再び盤に戻ったときには中立駒として振舞う。
4)中立駒は現手番側の駒を取れない。 相手側の駒や、中立駒は取れる。
5)中立歩による打歩詰は禁止。二歩禁も適用される。手番を問わず、中立駒の歩や通常の歩がある筋に、更に中立駒の歩を打つことはできない。
6)中立駒は行き所ない駒にならない。
7)中立駒でも自玉への王手は反則。自玉への王手となっているかどうかの判定は、現手番が終了し、相手側が着手する前に行う。
【結果】
正解1名(実質正解者なし
【手順】
4四n飛[I12]、5四n飛[I22]、4四n角成[I33]、9九n馬[I88]、5三番n飛生[I87]、4四玉[I88]、5四n飛成[I89]まで7手。
【コメント】
2016年4月21日完成、2021年5月22日投稿。
WFP132-1の姉妹作(その2)で、シリーズ3作の中で一番のお気に入り。
WFP81-4の系列といえる作品で、4手目が主眼。n飛の細かい動きもあり、3作の中で一番の難局になってしまいました。「実質正解者なし」という結果は当然ですね(苦笑)。