赤川次郎『雨の夜、夜行列車に』(徳間文庫)★★★☆

頼まれてもいない講演に出掛けようとする元大臣の富田恒宏と使用人の中田貞子。覚醒剤密売組織と警察から追われる宮部武士、彼と一緒に逃げようとする妻・亜紀子。彼女の家を張り込む小村刑事は、妻・初子が相棒の工藤と浮気していることを知る。会社をクビになったことを妻に言い出せず死出の旅に出た沼木はバスで元同僚の米田恵理と偶然出会い、2人はなりゆきで関係を持ち、駆け落ちを決意する。沼木の様子に不審を抱き会社を訪ねた娘の万里は父がクビになったていたことを知り、行方を追う。21時東京駅発の夜行列車に乗り込もうとしている者たちに待ち受ける運命は――。
1988年1月刊。
5時から21時まで十六時間の出来事を描いた、タイムリミット・サスペンス群像劇。
とても読みやすい文章で、十数人のキャラクター(端役を含む)がきっちりと描き分けられており、安定のストーリーテリングで引き込まれる。これに赤川の持ち味にひとつである〝容赦のなさ〟が加わるのだから、面白くないわけがない。
傑作・秀作の類ではないが、赤川の上手さが光る快作。お薦め。

雨の夜、夜行列車に (角川文庫)

雨の夜、夜行列車に (角川文庫)

峰隆一郎『殺人特急(ブルートレイン)逆転の15分』(廣済堂文庫)★

寝台特急「さくら」で、小銭徳次が蝮毒を注入され殺された。司法浪人で弁護士事務所調査員をしている息子の亨は、大学の同級生で警視庁捜査一課の平栗良三と捜査を開始し、徳次の下の席の女が京都で入れ替わった気がするとの証言を得る。疑惑の女・赤座加津子から話を聞いた亨は、彼女は犯人に利用されただけと確信、犯人は次に彼女を殺すと考える。加津子から「さくら」に乗ると連絡を受け、亨と平栗は車内で彼女を見張るが隙を突かれてトイレで射殺されてしまい、彼女の死体は車内から消失する。二日後、捜査本部が設置され本格的な捜査が開始された矢先、「さくら」で公民党委員長神崎八重の秘書・百木英太郎が蝮毒を注入されて殺され、井の頭公園の池から加津子の死体が発見される。徳次の遺品の扇子に書かれていた漢詩からある事故が浮かび上がり、東城大学講師・見城美樹が容疑者として浮上する――。
時代小説家・峰隆一郎によるトラベルミステリーの10作目(ノンシリーズ作)。1988年2月刊。
意外な犯人を演出しようとする姿勢と犯人の狙いは悪くないのだが、プロットが破綻していては話にならない。また、蝮毒を使った理由はあれでよかったのか確定していないのもダメ。良かったのは、死体消失トリックくらい(と言っても、鉄道豆知識なので評価はできないが)。
読む必要なしの駄作。

峰隆一郎 ミステリー作品リスト

01.海軍士官殺人事件(JOY NOVELS/1985年10月) 百元雄介
02.戸倉上山田殺人事件(廣済堂ブルーブックス/1986年3月) 高比良亮
03.平戸切支丹寺殺人事件(廣済堂ブルーブックス/1986年9月) 栢次郎
  文庫化時に『長崎平戸殺人事件』と改題
04.丹沢湖畔殺人事件(文華新書/1986年12月)
05.阿寒湖マリモ殺人事件(廣済堂ブルーブックス/1987年2月) 高比良亮
06.アルプス特急あずさ殺人事件(BIG BOOKS/1987年2月) 五貫吾郎
  文庫化時に『特急「あずさ」殺人事件』と改題
07.隼人伝説殺人事件(廣済堂ブルーブックス/1987年5月) 弟子丸貢
  文庫化時に『薩摩・大隅殺人半島』と改題
08.長崎・佐世保殺人事件(廣済堂ブルーブックス/1987年9月) 高比良亮&栢次郎
09.上越新幹線あさひ殺人事件(BIG BOOKS/1987年11月) 五貫吾郎
10.殺人特急(ブルートレイン)逆転の15分(講談社ノベルス/1988年2月)
11.金沢発寝台特急「北陸」13分の殺意(天山ノベルス/1988年4月) 高比良亮&栢次郎
12.信州・松本殺人事件(廣済堂ブルーブックス/1988年7月) 薬丸俊
13.別府発寝台特急「富士」45分の殺意(天山ノベルス/1988年9月) 高比良亮
14.東京・博多・佐世保殺人行(廣済堂文庫/1988年9月) 百元雄介
15.殺人!!博多発「ひかり4」の女(大陸ノベルス/1988年10月) 弟子丸貢
16.熊本発「みずほ」殺人連鎖(BIG BOOKS/1988年12月) 五貫吾郎
  文庫化時に『熊本発「みずほ」殺人事件』と改題
17.札幌発「北斗星」57分の殺意(天山ノベルス/1989年2月) 高比良亮&栢次郎
18.盛岡発「やまびこ4号」殺人事件(廣済堂ブルーブックス/1989年2月) 薬丸峻
19.殺人新幹線「あさひ2号」(大陸ノベルス/1989年3月) 雨宮退介
20.殺人急行北の逆転240秒(講談社ノベルス/1989年7月)
21.「出雲2号」13分の空白(天山ノベルス/1989年7月) 高比良亮&栢次郎
22.洞爺発「北斗5号」殺人事件(BIG BOOKS/1989年9月) 五貫吾郎
23.高松発寝台特急「瀬戸」の殺人(天山ノベルス/1989年11月) 高比良亮
24.寝台急行「利尻」殺人事件(大陸ノベルス/1989年12月) 雨宮退介
25.秋田発寝台特急「出羽」の殺意(天山ノベルス/1990年3月) 高比良亮
26.西鹿児島発「交換殺人」特急(講談社ノベルス/1990年7月) 鏑木一行
27.函館発「日本海」27分の殺意(天山ノベルス/1990年7月) 高比良亮&栢次郎
28.特急「白山」殺人事件(大陸ノベルス/1990年8月) 雨宮退介
29.長崎発特急「みずほ」殺人事件(廣済堂ブルーブックス/1990年9月) 薬丸峻
30.鎌倉~行楽特急(ロマンスカー)殺人連鎖(BIG BOOKS/1990年12月) 五貫吾郎
  文庫化時に『鎌倉・江の島殺人特急』と改題
31.都城寝台特急「彗星」25分の殺意(天山ノベルス/1991年4月) 高比良亮&栢次郎
32.特急「エルム」函館殺人事件(廣済堂ブルーブックス/1991年) 薬丸峻
  文庫化時に『「函館ー上野」特急殺人』と改題
33.新潟発「あさひ」複層の殺意(講談社ノベルス/1991年2月) 鏑木一行
34.鬼怒川龍王峡殺人事件(大陸ノベルス/1991年2月) 雨宮退介
35.琵琶湖周航殺人事件(廣済堂ブルーブックス/1991年3月) 薬丸峻
36.東京-上野3.6キロの完全犯罪(講談社ノベルス/1991年7月) 鏑木一行
37.大阪発「トワイライトエクスプレス」殺意の旅(BIG BOOKS/1991年11月) 五貫吾郎
38.西鹿児島発「金星」9分の殺意(天山ノベルス/1991年12月) 高比良亮&栢次郎
39.網走発急行「大雪」20分の罠(廣済堂ブルーブックス/1992年12月) 薬丸峻
40.特急「富士」「はやぶさ」殺人交差(講談社ノベルス/1992年2月) 鏑木一行
41.博多・札幌見えざる殺人ルート(講談社ノベルス/1992年7月) 鏑木一行
42.青森発特急「あけぼの」殺人事件(廣済堂ブルーブックス/1992年2月) 薬丸峻
43.四国発「瀬戸」殺人夜行(廣済堂ブルーブックス/1992年9月) 薬丸峻
44.山形新幹線「つばさ」の女(BIG BOOKS/1992年11月) 五貫吾郎
45.横浜外人墓地殺人事件(立風ノベルス/1992年7月) 雨宮退介
46.金沢発特急「北陸」殺人連鎖(講談社ノベルス/1993年2月) 鏑木一行
47.寝台特急「出雲」消された婚約者(講談社ノベルス/1993年7月) 鏑木一行
48.特急「ゆふいんの森」殺意の女(BIG BOOKS/1993年11月) 五貫吾郎
49.特急「あずさ12号」美しき殺人者(講談社ノベルス/1994年2月) 鏑木一行
50.特急「日本海」最果ての殺意(講談社ノベルス/1994年7月) 鏑木一行
51.青森発「鳥海」殺人二重奏(BIG BOOKS/1994年10月) 五貫吾郎
52.新幹線「のぞみ6号」死者の指定席(講談社ノベルス/1995年1月) 鏑木一行
53.新幹線『やまびこ8号』死の個室(講談社ノベルス/1995年6月) 鏑木一行
54.特急「オホーツク」さいはての女(BIG BOOKS/1995年10月) 五貫吾郎
55.寝台特急『瀬戸』鋼鉄の柩(講談社ノベルス/1996年6月) 鏑木一行
56.特急「北陸」「富士」個室殺人の接点(講談社ノベルス/1997年2月) 鏑木一行
57.寝台特急「さくら」死者の罠(講談社ノベルス/1997年6月) 鏑木一行
58.特急「白山」悪女の毒(講談社ノベルス/1997年12月) 鏑木一行
59.飛騨高山に死す(講談社ノベルス/1999年12月) 鏑木一行