All-in-Shogi(その4)

Twitterにアップしたフェアリー詰将棋の再録。
今回は点鏡ルールと組み合わせたものと、受先の2作。
解答は反転して掲載しています。


【点鏡】
 55に関して点対称な位置にある2つの駒は、敵味方関係なく互いにその性能が入れ替わる。
 なお、行き所のない駒の禁則は適用されない。
【All-in-Shogi】
 双方とも、自分の手番のときに相手の駒を動かすこともできる。敵玉を王手がかかる位置に動かしてもいいし、敵の持駒を打ってもいい。ただし、双方とも1手前の局面に戻すような着手は禁手とする。
(補足)
1)相手側の駒を動かすとき、自分側の駒を取らせることはできるが、相手側の駒を取らせることはできない。
2)相手側の駒で自分側の駒を取らせたとき、その駒は相手側の持駒となる。
3)自玉を取らせる手は反則。
【協力詰(ばか詰)】
 双方協力して最短手数で受方玉を詰める。透かし詰は詰みと認められない。
【受先】 玉方から着手する。
【点鏡All-in-Shogi協力詰・解答】(2019年6月23日掲載)
5六桂、3四玉、7六v歩、3六角、5四v角まで5手。
〈ひとこと〉予定していた手順を実現させるのが無理だったので、余詰手順を作意に昇格させました。
【All-in-Shogi協力詰(受先)・解答】(2019年6月26日掲載)
2二v歩、4二金、4三v金、2一飛まで4手。

『Problem Paradise』発表作(6)

『Problem Paradise』83号・Shogi-U251

【協力詰(ばか詰)】
 双方協力して最短手数で受方玉を詰める。透かし詰は詰みと認められない。
【Imitator(■またはI)】
 着手をしたとき、その着手と同じベクトルだけ動く駒。Imitator が駒を飛び越えたり、駒のある地点に着手したり、盤の外に出たりするような着手は禁止。これは王手の判定にも適用される。
【結果】
 正解2名(実質正解者1名)
 

【手順】
 3七竜[I69]、1六玉[I68]、3六竜[I67]、5七銀、3七王[I56]、4八銀不成[I47]、2七竜[I38]まで7手。
【コメント】
 2017年12月11日完成・投稿。
 壁駒で出した銀を動かすのが狙い。双玉竜角図式ですが、これは壁駒を銀に限定するための措置で、本当は角を2枚とも置きたくはありませんでした。
 投稿時に「双方の玉が動きますが、手が限られているため難解とまではいかないと思います」と書いたのですが、會場さんの解説と駒井さんの短評に「難解」とあるので、難解作だったようです。

賞品

賞品として下記の詰棋書をいただきました。ありがとうございます。
65.風みどり=責任編集『Limit7 簡単明瞭な詰将棋アンソロジー』(つみき書店)

Limit7 簡単明瞭な詰将棋アンソロジー

Limit7 簡単明瞭な詰将棋アンソロジー

購入本

63.山本巧次『江戸の闇風 黒桔梗裏草紙』(幻冬舎時代小説文庫)
64.若島正『盤上のフロンティア 若島正詰将棋新作品集』(河出書房新社

江戸の闇風 黒桔梗 裏草紙 (幻冬舎時代小説文庫)

江戸の闇風 黒桔梗 裏草紙 (幻冬舎時代小説文庫)