届いた本

75.大阪圭吉『死の快走船』(創元推理文庫) →傑作選第3弾。編集・解題は藤原編集室、解説は小野純一。 76.大阪圭吉『勤王捕物 丸を書く女』(盛林堂ミステリアス文庫) →〈弓太郎捕物帖〉第6話。死の快走船 (創元推理文庫)作者:大阪 圭吉発売日: 2020/08/12…

購入本

74.『将棋世界』2020年9月号(マイナビ出版)将棋世界 2020年9月号発売日: 2020/08/03メディア: 雑誌

届いた本

73.『暁将棋部屋』第5号 →詰将棋(普通詰将棋・フェアリー)やインタビューなど内容豊富な同人誌。

深谷忠記『南紀・伊豆Sの逆転』(光文社文庫)★★★

南紀・白浜の「白浜エネルギーランド」で三宅今日子が毒殺された。ハンドバッグにはワープロで書かれた〝T・H〟と名乗る人物からの呼び出しの手紙があった。翌日、潮岬で波多野敬の服毒死体が発見され、〈白浜の殺人は自分がやった……〉と書かれた遺書と思…

届いた冊子

70.『解けてうれしい詰将棋』令和2年猛暑号(将棋を孫に伝える会) 71.勝浦修=監修『創作必至特集号III』(同上) 72.海老原辰夫/勝浦修=監修『海老原辰夫詰将棋手筋集7』(同上)

購入本

69.『ミステリマガジン』2020年7月号(早川書房) →特集「藤田宜永追悼&冒険小説の新時代」。ミステリマガジン 2020年 07 月号 [雑誌]発売日: 2020/06/25メディア: 雑誌

皆川博子『花の旅 夜の旅』(扶桑社文庫)★★★★

売れない作家・鏡直弘のもとに、花の名所をモデルを使って紹介する『花の旅』というグラビアに添える連作短篇の連載依頼が舞い込んだ。快諾した彼は撮影旅行に同行し、皆川博子のペンネーム(鏡直弘のアナグラム)で連載を開始。平戸と網走の取材は何事もな…

購入本

68.山村正夫/日下三蔵=編『断頭台/疫病』(竹書房文庫) →〈異色短篇傑作シリーズ〉第1弾。傑作短編集『断頭台』に「獅子」「暴君ネロ」「疫病」の3編を追加収録した増補版。断頭台/疫病 (竹書房文庫 や 7-1)作者:山村 正夫発売日: 2020/07/16メディア: 文…

草川隆『個室寝台(コンパートメント)殺人事件』(エイコー・ノベルズ)★★☆

寝台特急〈富士〉の個室寝台で女性の生首が、隅田川で胴体が発見された。被害者は奇術師フー・谷田こと高木徹郎の妻と判明。彼は〈富士〉の個室寝台の乗客の一人で、同じ車輌にいたと知らなかったというが疑わしい。駿河湾で残りの四肢が発見され、召喚しよ…

購入本

67.天城一/日下三蔵=編『天城一の密室犯罪学教程』(宝島社文庫) →第5回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)受賞作、文庫化。天城一の密室犯罪学教程 (宝島社文庫)作者:天城 一発売日: 2020/07/04メディア: 文庫

購入本

65.松嶋智左『女副署長』(新潮文庫) 66.『将棋世界』2020年8月号(マイナビ出版)女副署長 (新潮文庫)作者:松嶋 智左発売日: 2020/04/25メディア: 文庫将棋世界 2020年8月号発売日: 2020/07/03メディア: 雑誌

芦辺拓『鶴屋南北の殺人』(原書房)★★★★☆

――本格ミステリは、犯人のなり手がいなくなってからが勝負! (「あとがき――あるいは好事家のためのノート」より) 「わたしが取り返してほしいものとは……鶴屋南北なのです」国劇協会調査研究センター学芸フェロー・秋水里矢の依頼を受け、京都へ向かった森…

届いた本

63.『詰将棋パラダイス』2020年7月号 64.『Problem Paradise』Issue90(JCPS)

購入本

62.芦辺拓『鶴屋南北の殺人』(原書房) →〈ミステリー・リーグ〉。森江春策シリーズ最新作。鶴屋南北の殺人 (ミステリー・リーグ)作者:拓, 芦辺発売日: 2020/06/17メディア: 単行本

種村直樹『日本国有鉄道最後の事件』(徳間文庫)★★★

昭和61年12月4日、東京発〈ひかり41号〉が名古屋駅に到着した。翌4月1日に発足する中京旅客鉄道株式会社に関する重大会議に出席する要人三人――自由党衆議院議員・星野一郎、経済連副会長・栗原和浩、国鉄再建監視委員を務める経済学者・佐田教授――を出迎える…

購入本&頂いた本

57.『ミステリマガジン』2020年5月号(早川書房) →特集「ハヤカワ・ジュニア・ミステリ創刊」。石川和彦さんから著作4冊をご恵投頂いただきました。ありがとうございます。 d58.石川和彦『詰将棋の道』(私家版) d59.石川和彦『詰将棋の道2』(同上) d60…

購入本

56.モーリス・ルヴェル/中川潤=編訳『ルヴェル新発見傑作集 緑の酒』(エニグマティカ叢書) →最終巻。6編収録。

購入本

55.『将棋世界』2020年7月号(マイナビ出版)将棋世界 2020年7月号発売日: 2020/06/03メディア: 雑誌

賞品

「詰将棋おもちゃ箱」4月「展示室」の賞品として下記の作品集をいただきました。ありがとうございます。 54.神無太郎『TAROTRAILS 2018 Edition』(私家版) →CD-ROM作品集。

賞品

創棋会作品展の賞品が届きました。ありがとうございます。 d53.詰将棋解答選手権実行委員会『詰将棋解答選手権2016』(全日本詰将棋連盟)

津村秀介『京都着19時12分の死者』(講談社文庫)★★☆

下り新幹線ひかり253号での中年女性毒殺事件、京都のホテルでの前科四犯のヤクザ者の毒殺事件、2つの現場から同じ渦状紋が検出された。中年女性が急行アルプス5号で信濃大町へ向かっていたことが判明し、捜査のため上京した堀内部長刑事を待っていたのは新…

届いた本

52.『詰将棋パラダイス』2020年6月号 →第31期詰将棋順位戦、令和元年度七條賞・第9回門脇芳雄賞発表。

日下圭介『女怪盗が盗まれた』(光文社文庫)★★★☆

文庫オリジナル短編集。7編収録。 「正直なうそつき」(初出=『小説推理』1976年4月号) 昭和二十年七月七日、千葉県某所の工事現場で殺人事件が起きた。殺されたのは倉庫番として雇われていた元兵隊で現場は密室、容疑者は四人の農業学校の生徒。犯人は誰…

購入本(古本)

47.大谷羊太郎『横浜・佐世保港灯り殺人事件』(C★NOVELS) →八木沢警部補シリーズ第8作。 48.大谷羊太郎『奥州平泉殺人事件』(FUTABA NOVELS) →八木沢警部補シリーズ第10作。 d49.種村直樹『日本国有鉄道最後の事件』(徳間文庫) →鉄道警察・高杉警視シ…

大谷羊太郎『西麻布 紅の殺人』(光文社文庫)★★★

事件は練馬区で起きた。梨村建築設計事務所の相川と北見は残業中、隣の鏑木商事ビルで社長の鏑木千一が銃撃されるのを目撃。二人は急行するが鍵がかかっていて部屋に入れず、通報するため事務所に戻った相川は、室内で鏑木の射殺体を発見する。 所変わって、…

購入本

46.鮎川哲也/日下三蔵=編『幻の探偵作家を求めて[完全版]下』(論創社) →〈論創ミステリ・ライブラリ〉第2巻。幻の探偵作家を求めて 完全版 下 (論創ミステリ・ライブラリ)作者:鮎川哲也発売日: 2020/05/11メディア: 単行本

吉村達也『修善寺温泉殺人事件』(ケイブンシャノベルス)★★

山越精器のOL渡瀬里佳子の扼殺体が代官山のアパートで発見された。彼女の顔と両手はウルシでかぶれており、ウルシが混入されていると知らずに愛用の液状石鹸を使い、洗い流そうとした所を犯人に襲われたと思われる。二日後、伊豆・修善寺温泉の露天風呂「…

山田正紀『サブウェイ』(ハルキ・ホラー文庫)★★★

地下鉄・半蔵門線の「永田町」駅に来て心より願うのであれば、誰よりも大切に思っていた死人と会える――都市伝説に引き寄せられ「永田町」駅を訪れる人々の前に死人は現れるのか? 都市伝説を入り口にして「生者と死者の関係」と登場人物たちの「愛」「悲しみ…

草川隆『無縁坂殺人事件』(廣済堂文庫)★★

「無縁坂で自殺した主婦には多額の保険金がかけられている。亭主の先妻も海で事故死していて、多額の保険金が下りているはずだ。関心があったら取材してみろ」――『週刊クール』の新前編集者・白井浩介は匿名の密告電話を受けた。調べてみると、無縁坂で青山…

購入本(古本)

45.リチャード・S・プラザー『肉体の短剣』(ハヤカワ・ミステリ)肉体の短剣 (1963年) (世界ミステリシリーズ)作者:リチャード・S.プラザーメディア: 新書